人事管理システムや勤怠管理をもっと効率的に

ミスがなくなる人事管理システムや勤怠管理

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
サラリーマン OL
時計

アプリとシステム

人事管理システムを容易にするツールが、今では、全ての人に普及しています。
それは、携帯電話です。データによると、日本では、すでに一人1台以上持っているという計算になるそうです。

人事管理システムを設計するメーカーにとってもこれは大きなビジネスチャンスと言えます。つまり「アプリ」という形でユーザーにダウンロードさせることで、システムを販売することができるからです。

ビジネスマン

現在のシステムにおいては

現在のシステムにおいてはアプリソフトが導入され、個人を識別するICカードが渡されて、社員の出勤や退勤状況が把握できるようになって来ました。多くの人々はICチップの組み込まれた社員証や指紋認証を持っているので、それをこのシステムと一体化して勤務状況がオンライン上で管理できるようになって来ています。

このアプリシステムの導入によってすべての社員の管理が一元化され、すべての計算はアプリの方で自動的にできるようになり、作業効率も大幅に改善されました。特にアルバイトやパート従業員が多い場合には計算も早く、アプリによって有効に機能します。

時間を確認する

勤怠管理アプリ

勤怠管理アプリといっても、その業務内容は様々です。支店や店舗が多い企業では、すべて一括して管理できるシステムが最適でしょう。ICカードを利用して、従業員がどこで何時間働いても正確に勤務時間が計算できれば、事務にかかる手間は大幅に削減されます。また支店や店側の負担も少なくなります。

人事管理システムの中には、給与計算や財務管理、販売管理などをパッケージにして提供しているところもあります。一度採用したら簡単に変更することができないので、臨機応変に対応できることも重要なポイントです。

インストール

勤怠管理とは

勤怠管理とは、企業において従業員の出勤や退勤などの状況をきちんと把握して勤務時間を遵守しているかを管理することを言います。

一般的にはこれまでタイムカードを押して出勤時刻や退勤時刻を記録したり、自己申告によって出退勤時間を報告するという方法が取られて来ました。
現在の時点からいうと、勤怠管理は社員の出勤状況を把握するだけに留まりません。残業がある場合にはその時間がどの程度のものか、時間にしてその額がどれぐらいのものになるのか、有給休暇をこれまでどれだけ消化して来ているのかも含まれます。

カレンダー

人事管理とは

人事管理とは、企業等において人的資源を有効活用するための業務全般を言います。それぞれの企業によってその業務内容に違いはありますが、たいていは人材の採用から教育、配置、評価などの労務管理を指します。
多様な業務の中でも、処遇などを決定する評価関連業務はとくに重要になるでしょう。従業員の意欲や適正を見極め、効率的に人材を活用することは、事業全体の成否を左右することになるからです。
しかし雇用形態がバラエティに富んでいたり、支店出張所が多かったりすると、この管理は非常に複雑なものとなります。

■人の勤怠管理
ハイテク機器・技術の進化は、システム管理だけでなく、同時にシステムの中で働く、人間も管理することになります。
今までは、営業成績だけ出していれば、おかまいなしだった営業マンも、いつ、どこで休憩をとった。といったことが手にとるように分かる。という具合です。
タイムカードもICチップを組み込んだカードが使用され、出金状況や昼食の注文などの個人のデータを容易に収集できる人事管理システムが導入されています。
表向きは、業績の管理ですが、逆の意味では、勤怠管理とも言えます。